• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

哲学JAM[白版]: 現代社会をときほぐす★10/31オンラインイベント無料ご招待付き!

哲学JAM[白版]: 現代社会をときほぐす★10/31オンラインイベント無料ご招待付き!
¥2,200
仲正昌樹【著】 出版社 ‏ : ‎ 共和国

全3巻完結!
石引パブリックで開催された全11回の連続講座を3巻に収録。本書はその最終巻。ギリシャ古典からニーチェ、シュミット、アーレント、ハーバマス、フーコーらの概念を駆使しながら、現代社会をわかりやすく説く。
本巻[白版]には、「エロス」、「宗教」、「戦争」、「資本主義」をテーマとした4講義分を、質疑応答まで完全収録! 既刊2巻よりさらにボリュームアップ。

//////////////////////////////

ご購入いただいた方はオンライントークイベントに無料ご招待!

『哲学JAM 』(共和国)全3巻完結記念
オンライントークイベント<コロナ禍の社会を哲学する>
◎日時 2021年10月31日(日)16:00~18:00(約2時間)
◎ゲスト:仲正昌樹(哲学者/金沢大学法学類教授)
(司会:南唯乃)
◎オンライン配信(zoomウェビナー) ★見逃し配信あり

2019年に石引パブリックで開催された、哲学者仲正昌樹さんの全11回分の講義が「哲学JAM」(共和国)として3巻にまとまりました。3巻完結を記念して、仲正さんの講義「コロナ禍の社会を哲学する」をオンラインで開催します。コロナ禍で、「新しい日常」なる言葉も出て、戸惑いを感じている人も多いと思います。この困難な時代の課題にいかに向き合えばいいのでしょうか。J・S・ミルの「自由論」、ハンナ・アーレントの「全体主義の起原」、エーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」など古今の哲学書をひもときながら、混迷のコロナ禍の時代を生き抜くヒントを探りたいと思います。一度立ち止まって、コロナ禍の社会について、根源的に考える機会になるはずです。

イベント参加のみご希望の方はこちらから↓
https://ishipub.theshop.jp/items/53559985


※商品を発送する際にお送りするメールにて、イベント参加方法をお知らせしますので大切に保管ください。
※見逃し配信をご希望の方は備考欄にお書きください。

//////////////////////////////

★イベント無料ご招待付き書籍
哲学JAM[赤版]
https://ishipub.theshop.jp/items/37788329
哲学JAM[青版]
https://ishipub.theshop.jp/items/43415879
哲学JAM[白版]
https://ishipub.theshop.jp/items/53324530



哲学JAM[白版]: 現代社会をときほぐす

おもな内容は……「エロスと神話」「フーコー『性の歴史』をめぐって」「性と理性」「精神分析の衝撃」「フロイトの問題提起」「サド・マゾの再定義」「性の隠蔽と文明」「猥褻をどう定義するか」「哲学と人生相談」「神学と哲学」「神と哲学者たち」「宗教改革の影響」「寛容をめぐる議論」「ユダヤ教に対する非寛容」「儀礼からコミュニケーションへ」「宗教と公共的理性」「哲学で戦争を止める?」「ロールズ『万民の法』をめぐって」「人間本性と平和」「戦争は平等を達成する」「自衛のための戦争とその起源」「カント『永遠平和のために』」「世界内戦化の時代」「人道的介入は許されるのか」「戦争機械論をめぐって」「貨幣と利子」「アーレント『人間の条件』」「私的な利益から国家の経済へ」「ポランニー『大転換』をめぐって」「マンデヴィルからスミスへ」「市場と市民社会の形成」「マルクス『資本論』と交換価値」「貨幣と欲望」「物神性とファンタスマゴリー」「ゲーテ『ファウスト』に描かれた資本と株式」「交換と贈与と蕩尽」「資本主義の自己拡散」……など。

目次

第8講   哲学とエロス――身体と欲望にどう向き合うか
 
第9講  宗教と哲学――救済は現代人にも必要か
 
第10講  戦争と哲学者――哲学は戦争を抑止できるか
 
第11講  資本主義は終わるのか

   現代を読みとくためのブックガイド

_____

仲正昌樹
哲学者、金沢大学法学類教授。
1963年、広島県呉市生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究博士課程修了(学術博士)。専門は、法哲学、政治思想史、ドイツ文学。難解な哲学書を分かりやすく読み解くことに定評があり、NHKの「100分de 名著」にハンナ・アーレント『全体主義の起源』の解説で出演した。著書に『人はなぜ「自由」から逃走するのか』(KKベストセラーズ)、「現代哲学の最前線」 (NHK出版新書)、『いまこそロールズに学べ: 「正義」とはなにか?』(春秋社)など多数。訳書に『完訳カント政治哲学講義録』(ハンナ・アーレント著、明月堂書店)などがある。著書(共著含む)、翻訳は80冊以上に上り、現代の日本で最も精力的に言論活動をしている哲学者の一人。
____

ページ数 ‏ : ‎ 280p
判型(実寸) ‏ : ‎ 192mm × 125mm
ISBN ‏ : ‎ 978-4-907986-80-3

装画=田内万里夫
仲正昌樹【著】 出版社 ‏ : ‎ 共和国

全3巻完結!
石引パブリックで開催された全11回の連続講座を3巻に収録。本書はその最終巻。ギリシャ古典からニーチェ、シュミット、アーレント、ハーバマス、フーコーらの概念を駆使しながら、現代社会をわかりやすく説く。
本巻[白版]には、「エロス」、「宗教」、「戦争」、「資本主義」をテーマとした4講義分を、質疑応答まで完全収録! 既刊2巻よりさらにボリュームアップ。

//////////////////////////////

ご購入いただいた方はオンライントークイベントに無料ご招待!

『哲学JAM 』(共和国)全3巻完結記念
オンライントークイベント<コロナ禍の社会を哲学する>
◎日時 2021年10月31日(日)16:00~18:00(約2時間)
◎ゲスト:仲正昌樹(哲学者/金沢大学法学類教授)
(司会:南唯乃)
◎オンライン配信(zoomウェビナー) ★見逃し配信あり

2019年に石引パブリックで開催された、哲学者仲正昌樹さんの全11回分の講義が「哲学JAM」(共和国)として3巻にまとまりました。3巻完結を記念して、仲正さんの講義「コロナ禍の社会を哲学する」をオンラインで開催します。コロナ禍で、「新しい日常」なる言葉も出て、戸惑いを感じている人も多いと思います。この困難な時代の課題にいかに向き合えばいいのでしょうか。J・S・ミルの「自由論」、ハンナ・アーレントの「全体主義の起原」、エーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」など古今の哲学書をひもときながら、混迷のコロナ禍の時代を生き抜くヒントを探りたいと思います。一度立ち止まって、コロナ禍の社会について、根源的に考える機会になるはずです。

イベント参加のみご希望の方はこちらから↓
https://ishipub.theshop.jp/items/53559985


※商品を発送する際にお送りするメールにて、イベント参加方法をお知らせしますので大切に保管ください。
※見逃し配信をご希望の方は備考欄にお書きください。

//////////////////////////////

★イベント無料ご招待付き書籍
哲学JAM[赤版]
https://ishipub.theshop.jp/items/37788329
哲学JAM[青版]
https://ishipub.theshop.jp/items/43415879
哲学JAM[白版]
https://ishipub.theshop.jp/items/53324530



哲学JAM[白版]: 現代社会をときほぐす

おもな内容は……「エロスと神話」「フーコー『性の歴史』をめぐって」「性と理性」「精神分析の衝撃」「フロイトの問題提起」「サド・マゾの再定義」「性の隠蔽と文明」「猥褻をどう定義するか」「哲学と人生相談」「神学と哲学」「神と哲学者たち」「宗教改革の影響」「寛容をめぐる議論」「ユダヤ教に対する非寛容」「儀礼からコミュニケーションへ」「宗教と公共的理性」「哲学で戦争を止める?」「ロールズ『万民の法』をめぐって」「人間本性と平和」「戦争は平等を達成する」「自衛のための戦争とその起源」「カント『永遠平和のために』」「世界内戦化の時代」「人道的介入は許されるのか」「戦争機械論をめぐって」「貨幣と利子」「アーレント『人間の条件』」「私的な利益から国家の経済へ」「ポランニー『大転換』をめぐって」「マンデヴィルからスミスへ」「市場と市民社会の形成」「マルクス『資本論』と交換価値」「貨幣と欲望」「物神性とファンタスマゴリー」「ゲーテ『ファウスト』に描かれた資本と株式」「交換と贈与と蕩尽」「資本主義の自己拡散」……など。

目次

第8講   哲学とエロス――身体と欲望にどう向き合うか
 
第9講  宗教と哲学――救済は現代人にも必要か
 
第10講  戦争と哲学者――哲学は戦争を抑止できるか
 
第11講  資本主義は終わるのか

   現代を読みとくためのブックガイド

_____

仲正昌樹
哲学者、金沢大学法学類教授。
1963年、広島県呉市生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究博士課程修了(学術博士)。専門は、法哲学、政治思想史、ドイツ文学。難解な哲学書を分かりやすく読み解くことに定評があり、NHKの「100分de 名著」にハンナ・アーレント『全体主義の起源』の解説で出演した。著書に『人はなぜ「自由」から逃走するのか』(KKベストセラーズ)、「現代哲学の最前線」 (NHK出版新書)、『いまこそロールズに学べ: 「正義」とはなにか?』(春秋社)など多数。訳書に『完訳カント政治哲学講義録』(ハンナ・アーレント著、明月堂書店)などがある。著書(共著含む)、翻訳は80冊以上に上り、現代の日本で最も精力的に言論活動をしている哲学者の一人。
____

ページ数 ‏ : ‎ 280p
判型(実寸) ‏ : ‎ 192mm × 125mm
ISBN ‏ : ‎ 978-4-907986-80-3

装画=田内万里夫

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「sundeedesign.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「sundeedesign.net」を許可するように設定してください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。 配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • ヤマト宅急便

    ヤマトが提供する定番の配送方法です。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 ¥950
  • クリックポスト

    ・郵便受けへの投函・比較的簡易な包装

    全国一律 ¥198

ショップの評価

仲正昌樹【著】 出版社 ‏ : ‎ 共和国

全3巻完結!
石引パブリックで開催された全11回の連続講座を3巻に収録。本書はその最終巻。ギリシャ古典からニーチェ、シュミット、アーレント、ハーバマス、フーコーらの概念を駆使しながら、現代社会をわかりやすく説く。
本巻[白版]には、「エロス」、「宗教」、「戦争」、「資本主義」をテーマとした4講義分を、質疑応答まで完全収録! 既刊2巻よりさらにボリュームアップ。

//////////////////////////////

ご購入いただいた方はオンライントークイベントに無料ご招待!

『哲学JAM 』(共和国)全3巻完結記念
オンライントークイベント<コロナ禍の社会を哲学する>
◎日時 2021年10月31日(日)16:00~18:00(約2時間)
◎ゲスト:仲正昌樹(哲学者/金沢大学法学類教授)
(司会:南唯乃)
◎オンライン配信(zoomウェビナー) ★見逃し配信あり

2019年に石引パブリックで開催された、哲学者仲正昌樹さんの全11回分の講義が「哲学JAM」(共和国)として3巻にまとまりました。3巻完結を記念して、仲正さんの講義「コロナ禍の社会を哲学する」をオンラインで開催します。コロナ禍で、「新しい日常」なる言葉も出て、戸惑いを感じている人も多いと思います。この困難な時代の課題にいかに向き合えばいいのでしょうか。J・S・ミルの「自由論」、ハンナ・アーレントの「全体主義の起原」、エーリッヒ・フロムの「自由からの逃走」など古今の哲学書をひもときながら、混迷のコロナ禍の時代を生き抜くヒントを探りたいと思います。一度立ち止まって、コロナ禍の社会について、根源的に考える機会になるはずです。

イベント参加のみご希望の方はこちらから↓
https://ishipub.theshop.jp/items/53559985


※商品を発送する際にお送りするメールにて、イベント参加方法をお知らせしますので大切に保管ください。
※見逃し配信をご希望の方は備考欄にお書きください。

//////////////////////////////

★イベント無料ご招待付き書籍
哲学JAM[赤版]
https://ishipub.theshop.jp/items/37788329
哲学JAM[青版]
https://ishipub.theshop.jp/items/43415879
哲学JAM[白版]
https://ishipub.theshop.jp/items/53324530



哲学JAM[白版]: 現代社会をときほぐす

おもな内容は……「エロスと神話」「フーコー『性の歴史』をめぐって」「性と理性」「精神分析の衝撃」「フロイトの問題提起」「サド・マゾの再定義」「性の隠蔽と文明」「猥褻をどう定義するか」「哲学と人生相談」「神学と哲学」「神と哲学者たち」「宗教改革の影響」「寛容をめぐる議論」「ユダヤ教に対する非寛容」「儀礼からコミュニケーションへ」「宗教と公共的理性」「哲学で戦争を止める?」「ロールズ『万民の法』をめぐって」「人間本性と平和」「戦争は平等を達成する」「自衛のための戦争とその起源」「カント『永遠平和のために』」「世界内戦化の時代」「人道的介入は許されるのか」「戦争機械論をめぐって」「貨幣と利子」「アーレント『人間の条件』」「私的な利益から国家の経済へ」「ポランニー『大転換』をめぐって」「マンデヴィルからスミスへ」「市場と市民社会の形成」「マルクス『資本論』と交換価値」「貨幣と欲望」「物神性とファンタスマゴリー」「ゲーテ『ファウスト』に描かれた資本と株式」「交換と贈与と蕩尽」「資本主義の自己拡散」……など。

目次

第8講   哲学とエロス――身体と欲望にどう向き合うか
 
第9講  宗教と哲学――救済は現代人にも必要か
 
第10講  戦争と哲学者――哲学は戦争を抑止できるか
 
第11講  資本主義は終わるのか

   現代を読みとくためのブックガイド

_____

仲正昌樹
哲学者、金沢大学法学類教授。
1963年、広島県呉市生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究博士課程修了(学術博士)。専門は、法哲学、政治思想史、ドイツ文学。難解な哲学書を分かりやすく読み解くことに定評があり、NHKの「100分de 名著」にハンナ・アーレント『全体主義の起源』の解説で出演した。著書に『人はなぜ「自由」から逃走するのか』(KKベストセラーズ)、「現代哲学の最前線」 (NHK出版新書)、『いまこそロールズに学べ: 「正義」とはなにか?』(春秋社)など多数。訳書に『完訳カント政治哲学講義録』(ハンナ・アーレント著、明月堂書店)などがある。著書(共著含む)、翻訳は80冊以上に上り、現代の日本で最も精力的に言論活動をしている哲学者の一人。
____

ページ数 ‏ : ‎ 280p
判型(実寸) ‏ : ‎ 192mm × 125mm
ISBN ‏ : ‎ 978-4-907986-80-3

装画=田内万里夫
通報する
本と印刷 石引パブリック