• ネットショップを開設するならBASE
  • shopping cart

Present アレハンドロ・ホドロフスキーのツイートから

Present アレハンドロ・ホドロフスキーのツイートから
¥1,500
チリ出身の映画監督、アレハンドロ・ホドロフスキー氏の日々のツイートを、金沢在住の翻訳家が1冊の本にまとめました。

〜製作の経緯(翻訳者より)〜

ホドロフスキー監督は80歳のとき(約8年前)、「若者のためになるように」と若者達が自分の個人的な状況をつぶやく場に考察のきっかけとなる言葉を投げかけることを目的にツイッター投稿を始めたそうです。毎日1時間かけて15件の短文を考え書き出し定時に投稿する、と決め、長い間それを続けていらっしゃいました。
(最近は一日当たりの数が減り、時間も前後するようになっています)
そうしたなかに深く共感する言葉を見つけ、気に入った言葉を日本語にしてみたくなった私は、自分のツイッター・アカウントを作りごくたまに投稿するようになりました。
その後、2014年に映画『リアリティのダンス』の公開にあわせてホドロフスキー監督が 来日することを知り、毎日可能な限り15件訳すというチャレンジを始めました。
この冊子は、新作『エンドレス・ポエトリー』の公開にあわせて、その中から200件を選出してひとつにまとめたものです。
日々のツイッター投稿には、ホドロフスキー氏自身の言葉や詩以外に、哲学者や思想家の言葉、禅語、俳句を引用したものもありましたが、残念ながらこの冊子には含めていません。
氏の猫好きな面や遊び心も垣間見える、世界に対する温かな励ましのメッセージを読んでいただければ、と願っています。
ホドロフスキー・ファンの方でスペイン語に興味のある方には、原語でも楽しんでもらえるように2言語を併記しています。
ぜひ多くの方に手に取って見ていただければ幸い です。
チリ出身の映画監督、アレハンドロ・ホドロフスキー氏の日々のツイートを、金沢在住の翻訳家が1冊の本にまとめました。

〜製作の経緯(翻訳者より)〜

ホドロフスキー監督は80歳のとき(約8年前)、「若者のためになるように」と若者達が自分の個人的な状況をつぶやく場に考察のきっかけとなる言葉を投げかけることを目的にツイッター投稿を始めたそうです。毎日1時間かけて15件の短文を考え書き出し定時に投稿する、と決め、長い間それを続けていらっしゃいました。
(最近は一日当たりの数が減り、時間も前後するようになっています)
そうしたなかに深く共感する言葉を見つけ、気に入った言葉を日本語にしてみたくなった私は、自分のツイッター・アカウントを作りごくたまに投稿するようになりました。
その後、2014年に映画『リアリティのダンス』の公開にあわせてホドロフスキー監督が 来日することを知り、毎日可能な限り15件訳すというチャレンジを始めました。
この冊子は、新作『エンドレス・ポエトリー』の公開にあわせて、その中から200件を選出してひとつにまとめたものです。
日々のツイッター投稿には、ホドロフスキー氏自身の言葉や詩以外に、哲学者や思想家の言葉、禅語、俳句を引用したものもありましたが、残念ながらこの冊子には含めていません。
氏の猫好きな面や遊び心も垣間見える、世界に対する温かな励ましのメッセージを読んでいただければ、と願っています。
ホドロフスキー・ファンの方でスペイン語に興味のある方には、原語でも楽しんでもらえるように2言語を併記しています。
ぜひ多くの方に手に取って見ていただければ幸い です。

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「sundeedesign.net」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「sundeedesign.net」を許可するように設定してください。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • クリックポスト

    ・郵便受けへの投函・比較的簡易な包装

    全国一律 ¥198

ショップの評価

チリ出身の映画監督、アレハンドロ・ホドロフスキー氏の日々のツイートを、金沢在住の翻訳家が1冊の本にまとめました。

〜製作の経緯(翻訳者より)〜

ホドロフスキー監督は80歳のとき(約8年前)、「若者のためになるように」と若者達が自分の個人的な状況をつぶやく場に考察のきっかけとなる言葉を投げかけることを目的にツイッター投稿を始めたそうです。毎日1時間かけて15件の短文を考え書き出し定時に投稿する、と決め、長い間それを続けていらっしゃいました。
(最近は一日当たりの数が減り、時間も前後するようになっています)
そうしたなかに深く共感する言葉を見つけ、気に入った言葉を日本語にしてみたくなった私は、自分のツイッター・アカウントを作りごくたまに投稿するようになりました。
その後、2014年に映画『リアリティのダンス』の公開にあわせてホドロフスキー監督が 来日することを知り、毎日可能な限り15件訳すというチャレンジを始めました。
この冊子は、新作『エンドレス・ポエトリー』の公開にあわせて、その中から200件を選出してひとつにまとめたものです。
日々のツイッター投稿には、ホドロフスキー氏自身の言葉や詩以外に、哲学者や思想家の言葉、禅語、俳句を引用したものもありましたが、残念ながらこの冊子には含めていません。
氏の猫好きな面や遊び心も垣間見える、世界に対する温かな励ましのメッセージを読んでいただければ、と願っています。
ホドロフスキー・ファンの方でスペイン語に興味のある方には、原語でも楽しんでもらえるように2言語を併記しています。
ぜひ多くの方に手に取って見ていただければ幸い です。
通報する
本と印刷 石引パブリック